グループウェアを導入すれば業務連絡が楽になる|効率的に連絡できる

男女

コストをかけずに導入

男性

勤怠管理をシステム化することは人事工数の削減などに大きく寄与します。しかし自社のシステムにこれを取り入れるとそれなりの初期費用を含めたコストがかかります。クラウドは初期費用を軽減させるとともに、利便性が高いため、多くの企業が利用しているのです。

会社組織の風土改善

男女

会社が従業員の内発的動機づけを高めていくためには会社組織の風土改善が必要です。最近ではモチベーションクラウドなどのシステムを用いてモチベーションアップのための組織風土改善をコンサルティングする会社が出始めており、コンサルティングを受ける企業も増えつつあります。

社内予定管理

オフィス

全員の予定が分かる

ここ最近、グループウェアの普及が進んでいます。旧式の板書による署員の予定表は姿を消し、パソコンで一覧が見られるグループウェアが主流となりつつあります。グループウェアでは、自身の予定欄に行動予定を記載する他に、他の署員の予定欄にも書き込みができます。全員による会議が決定した際、代表が全員の予定表に会議の時間を書き込むことができます。自分以外の人がグループウェアに書き込みをした時は、メールと連動していて、連絡が来るシステムもあります。このシステムを使えば、外出中にスマホで予定を確認することが可能です。また、スマホからの遠隔操作で、予定を入力したり変更したりすることができます。グループウェアは全社員の予定が一目でわかるので、大変便利です。

誰が何時入力したか

グループウェアは、予定を入力したり、それを変更、削除することが簡単にできます。今後の予定を入力できるのは勿論、過去の欄も訂正が可能なのです。しかし、自分の都合を良くするために書き換えるのは感心しません。そこで、過去の欄の書き換えはできないようにしたシステムも開発されています。過去の行動予定が違っていた場合には、メモ欄で行動内容が変更になった旨を記載することはできます。この方法を用いれば、予定していた行動がどのように変更されたのかが詳しく分かります。この方法を用いることで、カラ出張や嘘の休日出勤などのズルを防ぐことに役立ちます。グループウェアは、社内の信頼を深める目的もあるので、自分だけが有利になるために使用しないことも大切です。

企業での人事情報管理

女性

企業が人事管理システムを導入する際に気を付けたいのは、導入候補のパッケージソフトやサービスの機能面の重要性です。利用環境の変化に簡単かつスピーディに対応できる製品を導入することが望ましいです。また昨今の人事管理システムは、マイナンバー導入を背景にセキュリティ面の強化が進んでいるのが特徴です。