企業での人事情報管理|グループウェアを導入すれば業務連絡が楽になる|効率的に連絡できる

グループウェアを導入すれば業務連絡が楽になる|効率的に連絡できる

婦人

企業での人事情報管理

女性

柔軟なシステムの重要さ

企業の規模が大きくなり雇用する社員の数が増えてくると、情報システムを導入することにより人事情報の管理を効率化することが少なくありません。一般的に人事管理システムを導入する場合、パッケージソフトを購入するかサービスとして人事管理システムを提供している企業と契約することが多いです。ここで重要なのはそのシステムに実装されている機能の変化に対してどれだけ柔軟に対応できるか、という点です。たとえば自社の大規模な組織改編に対するシステム設定変更の簡易さや所要作業時間などが、人事管理システムの柔軟性を表す指標になります。とりわけ規模が大きな企業は半期に一度程度は規模の大きな組織変更を行うことが多く、人事管理システム導入前の製品やサービスの選定では、柔軟性が重要な評価要素になります。

セキュリティ面の強化

近年の人事管理システムにおいて特徴的なことは、多くのパッケージソフトやサービスがセキュリティ面の強化に力を入れている点です。これはマイナンバーが導入されて、なおかつ企業には雇用する社員や従業員のマイナンバーの管理を義務付けられたことが背景にあります。マイナンバーの情報は気密性が高く、とりわけ情報漏えいを避けなければならないものです。そして企業は人事情報の一部としてマイナンバーの管理を行って、給与計算や税務関連の業務で活用することを望んでいます。そのため人事管理システムを提供する各会社も顧客からの要望に応えて需要を取り込むために、マイナンバー対応として、該当する機能の追加とセキュリティ強化を進めているのです。