コストをかけずに導入|グループウェアを導入すれば業務連絡が楽になる|効率的に連絡できる

グループウェアを導入すれば業務連絡が楽になる|効率的に連絡できる

婦人

コストをかけずに導入

男性

初期費用が軽減できる

会社員の勤怠管理は人事業務の中で必須業務になりますが、社内システムに勤怠管理をできるような仕組みを新たに構築するとなると費用が掛かります。そのため勤怠管理システムの導入を見送っている会社も少なくありません。しかしクラウドサービスを利用すれば、コストを抑えて勤怠管理システムを導入することができます。クラウドはサーバーが社外にあります。そのためサーバー設置などの初期費用を削減させることができるのです。さらにクラウドならではの利便性はインターネット環境があればどこでも接続することができるのです。半面、打刻など社外で行うと不正になる場合もありますので、一定のルールを設けるなどの対策を講じることは必要になります。

自動計算機能がついている

クラウドで行う勤怠管理システムは導入にいたるまでの時間を短縮することもできます。また、サンプルやお試しなどを用意している会社も多く、実際に導入するまでに試験運用することもできます。最近のシステムは機能が満載です。出勤、退勤時刻や残業管理などだけでなく、有給休暇や振替休日の設定なども簡単に行うことができます。特に月跨ぎでカウントする有給休暇や振替休日などは前月の実績をベースに算出する必要がありますが、データベースになっていることで自動的に計算してくれる特徴を持っています。そのため人事にかかる工数を大幅に削減することができるのです。休暇などの申請をワークフローシステムを組み合わせることで承認などもできるのです。